テーマ:ユニバーシアード

Katerina Cachova

この選手は取り上げねば。 ユニバの七種で銅メダルを獲得した、チェコのカテリナ=チャチョワ(読み分からん…)、今、世界選手権にも出場しているんですねえ。 エストニアのサジェイコも連続出場ですが、前に書いた通り、彼女の方はLJで失敗して途中棄権してますから。ちなみに、ロシアやウクライナはもちろん出場選手分けてます。 まだ21歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Anna Ustinova 2011

もう一人。以前にも紹介したウスティノワです。 彼女もイズミール以来何度か見ていますが、今回は笑顔がたくさん見られて何よりです。髪はこれぐらい伸ばした方がいいなあ。 昨日のHJ予選は、きわめてあっさりと終わってしまったので、跳躍の絵はまた今度…かな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Olga Kurban

昨日からの七種競技に出場のロシア選手、オリガ=クルバンを紹介します。 七種の選手といえば、だいたいごついイメージですが、その中で彼女の表情の可愛らしさは印象的です。まあご覧の通り、体型はそれなりでありますが。 この後、夜のセッションのやり投、800Mでのフィナーレまで、彼女はじめ、選手たちの健闘を祈る次第です。 # 七種の選手…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

その後、陸上観戦の日々

昨日は22:40頃まで女子5,000M予選、今日も朝7:30から競歩、というわけで、画像の転送だけで手一杯、まるで時間がありませんが、引き続き観戦中です。 陸上競技場について…箱は私が過去行った中で一番立派です。観客席は完全屋根つき、非常に見やすいし、照明つくと、マジ昼間より明るかったり…。ブロック指定は実質カテゴリだけで、移動自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子個人総合

山岸銀メダルです。金メダルは中国のシャオ、銅はロシアのポリャンというわけで。 金メダルのシャオ、決して万全の出来ではありませんでしたが、難度で逃げ切った格好。とはいえ、ホスト国として相当のプレッシャーがあった中、その期待に応えたのはさすがというか、立派です。 日本の二選手、今大会絶好調でしたが、美濃部のほうはミスが出てしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Anastasia Koval 再び

今回の注目選手はやっぱり彼女かなあ。 ちょっと丸くなったなあ、とか、その他いろいろ感じるところはありますが、何と言ってもコヴァル、私のたいぷなので。(^^; 以前にも書きましたが、笑ったらかーいいと思うんですけどねえ。 どうでもいいけど…彼女の公式見ていて、やっぱり路線間違えてると思うのは私だけかな。クール通り越しておばs(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何はともあれ、日本女子優勝おめでとう

私が生きている間に、こんな表彰式を見る機会があるとはねえ…。 全員、いい笑顔ですね。 画像追加ついでに全員分上げようかと思ったのですが、さすがに今西の段違いは見てなかったので公式に期待するとして。(^^;ごめん、基本ロシア・ウクライナメインですんで…)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深セン到着

先ほど武昌からの直達特快で到着しました。 しかしというか、青島からここまで4列車、すべて当日購入でたどり着けるというのは、一昔前には考えられなかった話ですねえ。 画像はその直達特快Z23、車内は高級軟臥RW19Tです。 さて、早速ホテルでスタートリスト確認、…ホスト国やる気ないなあ、と。 ぜいたくは言いませんが、最終組の人数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

済南です

えー、人知れずというか、バレバレというべきか、深センに向かっておりますが…。 下関-青島航路利用で、今日から中国です。 まあ普通の方々は、明日あたり香港なり広州なりに向かわれることでしょう。(^^; 私のほうは明日、済南西→南京南→武昌と移動、夜行で13日朝に深セン入りの予定です。(笑) 青島~済南は結構涼しい(26度ぐらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザモ・チビスコワ・トゥウェドル

取りあえず一番大きく拍手した選手3名です。 個人的にはマクシュータがいなくて(ry、というのもあるのですが、どこかさびしい今大会にあって、彼女たちの演技はすばらしかった、と書いておきます。実に三回連続、ザモの笑顔が今回も見られたのは、望外の喜びでした。 あ、それと日本女子、最終班にふさわしい、堂々とした戦いでした。正直、過去国内でこ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ベオグラード到着

プラハからの夜行"Amicus"が4時間も遅れ、ブダペストからIC"Avala"でベオグラード直行、という、何とも意味のないことになりましたが、無事到着です。 # "Avala"はプラハ朝発の昼行列車… とりあえずベオグラード本駅の絵など。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来週行ってきます

判る人だけ判ればいいや。 旅程 6/30 KIX AY078 HEL AY6881 PRG F471 7/1 BUD IC712/7463/6437/5437/3403 BEG 7/5 BEG B340 7/6 BUD IC534/7200 KSC EN424 7/7 PRG AY6880 HEL AY077 KIX …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

体操競技を見るなら

世界選手権・女子団体決勝を、CCTV-5のライブで見ていましたが、やっぱり私にはユニバーシアードの方が楽しいな…、と。 例の件除いたとしても、何か見ていて楽しい感じがしないのですよ、世界選手権。個人的にもう、得点追いかけようとか、順位争い気にしようとか、思わなくなっていますから、ただただいい演技を見られれば、それで幸せなんですけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Anna Chicherova

イズミールの優勝者、アンナ=チチェロワです。この時は、正直、1M90で優勝という低調さにがっかりしましたが…、彼女、ヘルシンキで1M96を跳んで4位になった直後だったんですね。(私は前回の世界選手権は、テレビ含めてまったく見ていません) この8/3に2M01をマーク、仕上げてきているようなので、何とかメダル争いの一角にでも加われば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Marina Aitova & Anna Ustinova

31日午前からスタートの女子HJ、カザフスタンの2選手を紹介しておきます。 上の画像はバンコクの表彰台です。優勝者(1M92)がアイトワ、向かって右のウスティノワはイズミールから連続出場で、バンコクが1M90の2位タイ、イズミールでは1M80で7位タイでした。 ウスティトワは以前にも貼りました。…「アーニャ」でしたね。(どんな聞…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Olha Saladuha (Olyga Saladukha)

TJ選手の締めに、オルハ=サラドゥハ(ウクライナ表記だとこうかな…)を。 イズミールでは2回目で13M93でトップに立ちましたが、最終6回目、WangがPBの14M12を決めて大逆転、サラドゥハも最後に記録を13M96に伸ばしたものの、2位に甘んじました。バンコクでも、同じく2回目にPBの14M79をマークしてトップに立ち、今度は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dana Veldakova

選手紹介を続けます。 ダナ=ヴェルダコワは数少ないスロバキア選手です。少ない上にご覧の通りの目立つユニなので、バンコクでもすぐに前回出ていた選手と気づきました。(基本的にスタートリスト無しで観戦というのが、両大会ともきつかった…) イズミールではLJ、バンコクではLJ、TJのダブルエントリーで、イズミールのLJでは踏み切りが合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Olyga(Olga) Rypakova

バンコクのLJでPBの6M85をマークして優勝したリパコワです。 世界選手権の公式を見れば判りますが、まだ22歳ながら、七種もこなす万能選手でして、大阪では明日からのTJに出場します。 ご覧の通り、スレンダーな身体に、ちっちゃな顔が載っているスタイルはたいへん美しく、目立つ選手です。ついでに言うと笑顔もなかなかかーいいので、見に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ユニバーシアード観戦・見たものまとめ(体操以外)

会場間移動が事実上不可能というのにもめげず、結構あちこち行ったかな…。 まあメイン会場のタマザット大学構内を回れば、そこそこ見られたのは確かですけれども。 バスケはこの一試合(POL-CAN)だけですが、たいへん面白い試合でした。ポーランドの応援は他競技の選手6名だけなのに、会場を圧する奇声(「きゃ~~」)をディフェンスの間ずっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Alina Kozich

前後しますが、8/9、団体表彰式のウクライナです。 …コジチってこんなかーいい顔で笑うんですね。最終日にもこの笑顔が見たかったな、とか思いつつ。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Elena Zamolodchikova

時間がまったく無くて、更新できておりませんが…。 彼女の笑顔に会いたくて、ここ(バンコク)まで来たのかも知れないなあ、とまで思った、体操競技最終日・ゆかの表彰式でした。 え、画像が笑顔じゃない?そりゃあ一番大事な瞬間は、私自身の眼で見てましたから…。(^^)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more