ザモ・チビスコワ・トゥウェドル

取りあえず一番大きく拍手した選手3名です。
個人的にはマクシュータがいなくて(ry、というのもあるのですが、どこかさびしい今大会にあって、彼女たちの演技はすばらしかった、と書いておきます。実に三回連続、ザモの笑顔が今回も見られたのは、望外の喜びでした。
画像
画像画像

あ、それと日本女子、最終班にふさわしい、堂々とした戦いでした。正直、過去国内でこれだけ出来の揃ったのも、あんまり見た事ないかも。
これも個人的な感想ですが、日本国内で一番努力/評価が過小と思われる競技の一つです。>女子体操 少しでも正しい評価がされることを願いつつ、個人総合にも期待しておきましょう。
画像

この記事へのコメント

kl
2011年01月01日 21:53
今後も体操競技の写真を掲載して下さい。
スポーツアイが無くなり、こちらのサイトはとても貴重だと思います。

この記事へのトラックバック